西美濃パパママ安保法がこわくてたまらない会

子どもの未来と平和のために!賛同者募集中!どなたでも賛同できます!

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

9.19に寄せて

2015年9月19日に安全保障関連法の採決が強行され、今日で丸2年が経ちました。

この間、国連では核兵器禁止条約が採択されましたが、唯一の被爆国である日本が、その採択へ向けて努力をしなかったばかりか、参加すらしなかったという事態を重く受けとめる必要があります。

一方で、北朝鮮情勢が緊迫し、「Jアラート」というミサイル警報によって国民は不安を掻き立てられていますが、頭を抱えて避難訓練をしている様子が報道されているのは、滑稽であるとしか言いようがありません。この姿を子どもたちにどのように説明すればよいのでしょうか。

さらに緊張を高める米国に追従するのではなく、日本として独自の対話外交を提起すべきではないでしょうか。

戦争は、悲しみと憎しみの連鎖を生み出すだけであり、今こそ、日本国憲法の掲げるいかなる戦争にも加担しないという決意が問われています。

私たちは、子どもの未来と平和のために安全保障関連法の廃止を求める幅広い勢力と手をつなぎ活動していくことを改めて表明いたします。

2017年9月19日
西美濃パパママ安保法がこわくてたまらない会

スポンサーサイト

映画「スノーデン」上映会のご案内

snowden1 (282x400)snowden2 (284x400)

映画「スノーデン」上映実行委員会さんから上映会が大垣市内で開催されるとのご案内を受けましたのでお知らせいたします。

現在進行している当会のガーベラプロジェクトは、大垣市における市民監視国賠訴訟を支援する「もの言う自由を守る会」を応援する目的で始められました。

共謀罪もすでに施行され、監視社会がすぐそこまで来ていることをこの上映会を通じて少しでもリアルに感じていただければと思っています。

【映画「スノーデン」上映会】

日 時 : 2017年8月5日(土) 1回目 13:30 ~  2回目 17:00 ~ (上映時間135分)

場 所 : 中川ふれあい会館 (大垣市中川町4-668-1)

上映協力券 : 一般 700円 学生 500円

主 催: 映画「スノーデン」上映実行委員会
      (弁護士法人ぎふコラボ西濃法律事務所内、TEL 0584-81-5105)

格安での設定です。見逃された方、ぜひご来場ください!

もちろん、ガーベラブローチも販売します!まだお買い求めでない方はぜひ!

ガーベラプロジェクト ~京都小旅行体験記~

大垣警察市民監視事件国賠訴訟を応援する「もの言う自由を守る会」に収益をカンパするガーベラプロジェクト。

メンバーが京都に行ってきた時の体験記を寄せていただきました。メンバーの目的のひとつに、絵本「だれのこどももころさせない」出版記念パーティ・読み聞かせ企画への参加がありました。

少しずつですが全国に共謀罪反対、大垣警察市民監視事件国賠訴訟を応援しようという輪が広がっていっています。

以下、体験記です。
**************************************************************
24日京都に私用もあれこれあって行ってきました。

運よく2時~3時半 西郷南海子さんの絵本「だれのこどももころさせない」出版記念パーティ・読み聞かせ企画にも参加。

会の前にギャラリーかもがわでの絵本の原画展にも。原画の力を感じます。7月2日まで開催です。

(「だれのこどももころさせない」出版元のかもがわ出版、展示ウインドウと日本国憲法の屏風)
IMG_2667.jpg IMG_2666.jpg

まず、会場に入ったら西郷さんの笑顔に迎えられ。

対談中も末っ子君の絡みつきマイク取りたがり飾り引っ張るの~参加している子どもたちが追いかけっこしたり。子育て感300パーセントの楽しい時間。

1時間、西郷さんの思いと絵本作家の浜田佳子さんの読み聞かせと絵本の1枚1枚に込めた想いが語られ。

ラスト30分間を参加者発信の我こそは~!コーナーで、私はすぐさま手を挙げて。

大垣から来たこと、憲法集会で西郷さんからのメッセージを心に刻んだこと、ガーベラプロ―チの収益をモノ言う自由を守る会に応援募金することを話しました。

会が終わった時に出口テーブルにグッズと一緒に置いてもらい(写真添付)。参加者の方々に大人しくめに声をかけました。

(受付に販売ブースを設置させてもらいました)
kyoto.jpg

友だちが大垣にいる!親せきが大垣にいる!と声をかけてくださっての購入。東京の方や徳島から来られた市民連合で頑張る若いママとも繋がりました。ガーベラ効果抜群です。勿論、西郷さんも購入。

ガーベラプロ―チを透明のビニール袋にガーベラへの取り組みメッセージ、モノ言う自由のニュース6号、事件のあらましをセットして同封しますが。ビニール袋が全く足らず。京都駅に到着して、まず直行したのはヨドバシカメラビルへ。100均で手に入れて、近くにあった長椅子の休憩所で自分の膝の上でひたすら袋詰め。

そんな異常な私にとなりに座っている老夫婦が声をかけてくださる。「何をされているの?」出来るだけ分かりやすく説明させていただいたところ「私も1ついただきたいわ」って。「社会奉仕をされているのね」とも。89歳の素敵な婦人は「私には青春はなかったわ。ずっと嫌な時代でしたから」とても嬉しい出会いでした。 (K・K)                         

好評!ガーベラプロジェクト!

西美濃パパママ安保法がこわくてたまらない会の有志で始めた収益を大垣警察市民監視事件の裁判支援をしている「もの言う」自由を守る会にカンパしようという「ガーベラプロジェクト」ですが、各種イベントで完売やほぼ完売も続出する絶好調の売れ行きです!

「共謀罪」の施行を前に、暗い世の中となってしまわないためにガーベラをつけて花言葉でもある希望を持ち続け常に前進しようと心意気を表すグッズとしてたくさんの人に共感いただいています。

使い方はいろいろ。ブローチとして胸に付けるのはもちろん、カバンに付けたり、髪飾りにしたり。

IMG_2631.jpg IMG_2634.jpg
「もの言う」自由を守る会もこの活動に注目してくれています。

皆さんも、おひとついかがですか?

ガ-ベラプロジェクト始動!

IMG_2551.jpg

テロ対策とはおよそ無縁なものも含む277もの罪を対象とし、「一般人」かそうでないかは捜査当局の判断によるといわれる「共謀罪」の審議もいよいよ正念場を迎えています。

ここ大垣では、まさにこの「共謀罪」を先取りするかのように、風力発電に関する学習会を実施した市民とほとんど無関係だった市民を警察が日常的に監視して収集した情報を、事業を進めようとしていた業者に渡していた「大垣警察市民監視事件」が明るみになっています。

これまでの国会答弁や経緯を踏まえても「共謀罪」新設の目的が「テロ対策」以外の市民運動の監視や委縮効果をねらったものであるという懸念は払しょくできません。

これ以上の「戦争国家づくり」の道を少しでも食い止めるために、西美濃安保法がこわくてたまらない会の有志でガーベラのブローチを作り、収益全額を「大垣警察市民監視事件」の裁判支援を行う「もの言う」自由を守る会へ寄付するプロジェクトを始めました。

ちなみにガーベラの花言葉は「希望、常に前進」です!

1つ200円~300円で販売しています。お問い合わせはブログのメールフォームからお願いします。
次のページ

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。