FC2ブログ
--------(--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017-09-19(Tue)

9.19に寄せて

2015年9月19日に安全保障関連法の採決が強行され、今日で丸2年が経ちました。

この間、国連では核兵器禁止条約が採択されましたが、唯一の被爆国である日本が、その採択へ向けて努力をしなかったばかりか、参加すらしなかったという事態を重く受けとめる必要があります。

一方で、北朝鮮情勢が緊迫し、「Jアラート」というミサイル警報によって国民は不安を掻き立てられていますが、頭を抱えて避難訓練をしている様子が報道されているのは、滑稽であるとしか言いようがありません。この姿を子どもたちにどのように説明すればよいのでしょうか。

さらに緊張を高める米国に追従するのではなく、日本として独自の対話外交を提起すべきではないでしょうか。

戦争は、悲しみと憎しみの連鎖を生み出すだけであり、今こそ、日本国憲法の掲げるいかなる戦争にも加担しないという決意が問われています。

私たちは、子どもの未来と平和のために安全保障関連法の廃止を求める幅広い勢力と手をつなぎ活動していくことを改めて表明いたします。

2017年9月19日
西美濃パパママ安保法がこわくてたまらない会

スポンサーサイト
カウンター
賛同署名/お問い合わせ
お名前、メールアドレス、件名は賛同署名とし、本文欄に、お名前(メッセージ含む)ご公表の可否、メッセージをご記入の上、送信してください。記載がない場合は匿名扱いとさせていただきます。

お問い合わせの場合は、件名にその旨をご記入の上、ご送信ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。