FC2ブログ
2017-07-15(Sat)

ガーベラプロジェクト ~京都小旅行体験記~

大垣警察市民監視事件国賠訴訟を応援する「もの言う自由を守る会」に収益をカンパするガーベラプロジェクト。

メンバーが京都に行ってきた時の体験記を寄せていただきました。メンバーの目的のひとつに、絵本「だれのこどももころさせない」出版記念パーティ・読み聞かせ企画への参加がありました。

少しずつですが全国に共謀罪反対、大垣警察市民監視事件国賠訴訟を応援しようという輪が広がっていっています。

以下、体験記です。
**************************************************************
24日京都に私用もあれこれあって行ってきました。

運よく2時~3時半 西郷南海子さんの絵本「だれのこどももころさせない」出版記念パーティ・読み聞かせ企画にも参加。

会の前にギャラリーかもがわでの絵本の原画展にも。原画の力を感じます。7月2日まで開催です。

(「だれのこどももころさせない」出版元のかもがわ出版、展示ウインドウと日本国憲法の屏風)
IMG_2667.jpg IMG_2666.jpg

まず、会場に入ったら西郷さんの笑顔に迎えられ。

対談中も末っ子君の絡みつきマイク取りたがり飾り引っ張るの~参加している子どもたちが追いかけっこしたり。子育て感300パーセントの楽しい時間。

1時間、西郷さんの思いと絵本作家の浜田佳子さんの読み聞かせと絵本の1枚1枚に込めた想いが語られ。

ラスト30分間を参加者発信の我こそは~!コーナーで、私はすぐさま手を挙げて。

大垣から来たこと、憲法集会で西郷さんからのメッセージを心に刻んだこと、ガーベラプロ―チの収益をモノ言う自由を守る会に応援募金することを話しました。

会が終わった時に出口テーブルにグッズと一緒に置いてもらい(写真添付)。参加者の方々に大人しくめに声をかけました。

(受付に販売ブースを設置させてもらいました)
kyoto.jpg

友だちが大垣にいる!親せきが大垣にいる!と声をかけてくださっての購入。東京の方や徳島から来られた市民連合で頑張る若いママとも繋がりました。ガーベラ効果抜群です。勿論、西郷さんも購入。

ガーベラプロ―チを透明のビニール袋にガーベラへの取り組みメッセージ、モノ言う自由のニュース6号、事件のあらましをセットして同封しますが。ビニール袋が全く足らず。京都駅に到着して、まず直行したのはヨドバシカメラビルへ。100均で手に入れて、近くにあった長椅子の休憩所で自分の膝の上でひたすら袋詰め。

そんな異常な私にとなりに座っている老夫婦が声をかけてくださる。「何をされているの?」出来るだけ分かりやすく説明させていただいたところ「私も1ついただきたいわ」って。「社会奉仕をされているのね」とも。89歳の素敵な婦人は「私には青春はなかったわ。ずっと嫌な時代でしたから」とても嬉しい出会いでした。 (K・K)                         

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カウンター
賛同署名/お問い合わせ
お名前、メールアドレス、件名は賛同署名とし、本文欄に、お名前(メッセージ含む)ご公表の可否、メッセージをご記入の上、送信してください。記載がない場合は匿名扱いとさせていただきます。

お問い合わせの場合は、件名にその旨をご記入の上、ご送信ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR