FC2ブログ
2015-09-01(Tue)

公開質問状を送付しました!

西美濃パパママ安保法案がこわくてたまらない会では、下記面(要旨)にて、岐阜県及び衆議院比例代表東海ブロック選出の議員の各氏に公開質問状を発送いたしました。回答期限は9月7日(月)としています。

公開質問状を発送したのは、所属政党等のバランスなどから下記の8名です。

野田 聖子 氏(自民党・衆議院議員・岐阜1区)
棚橋 泰文 氏(自民党・衆議院議員・岐阜2区)
渡辺 猛之 氏(自民党・参議院議員・岐阜県選挙区)
小見山 幸治 氏(民主党・参議院議員・岐阜県選挙区)
大野 泰正 氏(自民党・参議院議員・岐阜県選挙区)
大口 善徳 氏(公明党・衆議院議員・比例代表東海ブロック)
今井 雅人 氏(維新の党・衆議院議員・比例代表東海ブロック)
本村 伸子 氏(共産党・衆議院議員・比例代表東海ブロック)

△△△議員
○○ ○○様
                                     西美濃安全保障法案がこわくてたまらない会

             安全保障関連法案に関する公開質問へのご回答のお願い

 日頃より岐阜県民及び国民の代表としてのご尽力ありがとうございます。

 私たちは、現在審議中の安全保障関連法案の行方について大きな懸念を持っている大垣市にある保育園の職員、保護者や関係者などの有志を中心に構成された「安保法案がこわくてたまらない会」です。

 この度、マスコミでも多くの研究者から違憲性が指摘されていることが報道されている現在審議中の「国際平和支援法」及び安全保障関連10法案の一括改正を可能にする「平和安全法制整備法」について、保護者の間でも「本当に子どもたちは戦場に行くことはないのか」「他国の戦争で人を殺し、殺される危険にさらされることはないのか」「テロの標的になることはないのか」といった声が聞かれております。

 そこで、公開質問状の形式をとらせていただき、岐阜県及び比例代表・東海ブロック選出の国会議員の皆様(所属政党などを参考に選ばせていただきました)に同法案に対するご認識を伺い安全保障関連法案や国の安全保障の在り方について考える契機としていきたいと考えております。

 尚、ご回答結果についてインターネット、マスコミ等にご公表させていただくこととさせていただきます。

 ご多忙の中、たいへんお手数おかけいたしますが、子どもたちの将来を決めかねない重要法案であることに鑑み、何卒ご協力いただければと存じます。ご参考までに、当会が実施したアンケートへ寄せられた声を集約したものを添付いたします。

質問事項

1.安全保障法案に対する姿勢について

  賛成            条件付き賛成          反対    

  その他(                                 )

・条件付き賛成、その他の場合は、具体的にご回答ください。


2.多くの研究者が憲法違反との指摘についてのご認識について


3.一般市民が戦争(テロ等含む)に巻き込まれる危険性についてのご認識について


4.安全保障法案の説明が十分になされているかどうかについてのご認識について

      
5.その他、現在審議中の安全保障関連法案についてご発言しておきたいこと




コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

コメント

カウンター
賛同署名/お問い合わせ
お名前、メールアドレス、件名は賛同署名とし、本文欄に、お名前(メッセージ含む)ご公表の可否、メッセージをご記入の上、送信してください。記載がない場合は匿名扱いとさせていただきます。

お問い合わせの場合は、件名にその旨をご記入の上、ご送信ください。

名前:
メールアドレス:
件名:
本文:

最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
リンク
QRコード
QR